_ Copyright(c)2000 Miki Kenji at Digital Cat Company All Rights Reserved.
ミキチャンネルへ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ブログ引越しのお知らせ
いつもこの日記を見てくれてありがとうございます。
下記URLへ引越しましたので、お手数ですがブックマークの再登録をお願い致します。

http://blog.mikichannel.net/


ムクドリの声が、、
以前の家ではヒヨドリやウグイスの声がよく聞こえていたが、ここではもっぱらムクドリだ。
やつらはどうやら群れになるようで、一度騒ぎだすとうるさいくらいだ。
今のところ、見た目といい鳴き声といい、あんまり好きな鳥ではない。

そんなムクドリに似ていると、友人のM林に言われた事がある。
が、まったく嬉しくなかった。
ちなみにM林自身はヒヨドリに似てるのだそうだ。


下の写真は、5/6の日記に書いた、ウチの戸袋にあったムクドリの巣。
写真では、ワラはそんなに無いように見えるかもしれませんが、掻き出してみると大きめのゴミ袋が一杯になる位ありました。
今年は巣作りされた様子は無し。ほっ。












府中市美術館の
府中市美術館の子供用利用案内のイラストを描かせて頂きました。
こどもたちに美術館でやってはいけない事を知ってもらうための物です。
デザインもシンプルで、こどもにも分かりやすい良いものになりました。



美術館というと敷居が高いというイメージがあり、子供にはちょっと、、と思ってる人もいるかもしれませんが、
これを描くにあたり、守る事は大きく3つだけという事が判明。
これなら小さい子供も大丈夫そうです。
田舎で育った事もあり、子供の頃に美術館に行った記憶なんてありませんが、子供の頃から美術館へ行くというのは良い事だと思います。




久しぶりの更新なのでもうちょっと。
先日、庭で新種(僕が知らないだけ)のクモを発見!
針のような細長い緑色の葉っぱがクモの巣に引っかかっていたので、とろうとすると、
持った瞬間、脚が出て動きだした!
よく見ると、そいつはどうやらクモで、脚を身体にまっすぐつけて、まるで細長い葉っぱのように擬態していたのだ!



調べてみると「オナガグモ」というらしい。
なんと、他のクモを食べるのだそうだ。
小さい庭にもいろんなのがいるなぁ。



セワシとマンネンは元気。
暖かくなってきたので、活発。
外に放すと、マンネンがずっとセワシを追いかけまわす、、。
写真左がマンネン。





先週の土曜日、久しぶりにフットサルをやって、今日もまだ筋肉痛、、。













シャクトリムシ
枝が落ちてると思ったら、シャクトリムシだった。
以前みつけたやつは、緑色で草みたいだったが、今回のは枯れ枝のようだ。
雨に濡れた質感も、枯れ枝のそれにそっくり。
見れば見る程、良く出来てる。
捕えて、家の中にある観葉植物につけてみた。
すぐさま枝のフリをしたが、緑の植物には上手くとけ込めない様子。



シャクトリムシが後ろ脚で立ち、前足でつかまるものを探す姿は、恐竜のようでもある。












ISS
今朝、テレビをつけると宇宙飛行士の山崎さんが出ていた。
山崎さんはスペースシャトルで国際宇宙ステーションISSへ行き、ロボットアームの操作なんかもしたようだ。

この宇宙ステーションISSには、僕も少し思い入れがある。
数年前にJAXAさんからの依頼でキャラクター化したことがあるからだ。
(とはいえ、現在も使用されてるかは定かではないが)
実際に筑波にあるJAXAでは、この日本の実験棟が実物大で再現されていて、僕も見学した事がある。
中に入ってみると、思ったよりも狭くて驚いたものだ。

下の画像が、僕が描いたISS。
このキャラクター、二つの顔があるのだけど、向かって右側部分が日本の実験棟だ。
山崎さんが操作したアーム(手)もちゃんとある。
という訳で僕は「ははぁ、あの手を山崎さんは動かしたんだな、、」とか思いがら、ニュースを見ているのだ。